ザイロリックの副作用

症状の悪化につながるザイロリックの使用方法

尿酸値が平常値より高い人には、これ以上の上昇を防ぐ為にも利用がオススメなザイロリックですが薬である以上、副作用もあります。

ザイロリックが尿酸値を下げる働きを持つことを知っている人からすると、痛風発作の治りを早めてくれる働きもあると思う人も少なくないでしょう。
しかし、ザイロリックに鎮痛作用がある訳ではありません。

痛風発作の痛みは、関節に溜まった結晶化した尿酸が神経や血管を傷つけてしまうことで起こります。そして、ザイロリックは尿酸値を下げることでその結晶化を食い止めたり、体外への排出に働きかけてくれます。

しかし、その際に結晶化した尿酸が溶け出して排出を促すことがあります。その為、痛風発作を引き起こしている時にザイロリックを服用すると、余計に痛みを悪化させてしまう可能性があるのです。

そのため痛風発作を引き起こした場合には、鎮痛薬を服用した後に用法を守った上でザイロリックの服用をするようにしましょう。

また尿酸の排出を促すザイロリックの服用に注意したいのは、肝臓や腎臓に異常がある人です。これらの症状がある人は、ザイロリックの有効成分であるアロプリノールが正常に体外へ排出されないまま血液中の濃度が上がり、肝機能障害を引き起こしてしまう危険性があるのです。

こういった場合は医師へ相談の上、慎重に服用しましょう。用法用量を守れば、比較的副作用は少ないとされるザイロリックですが、発熱や食欲不振・倦怠感・胃もたれ・軟便・下痢などの報告もあります。

早く尿酸値を下げたいからと言って、多めの服用を続けてしまうなど自分勝手な判断で飲んでしまうと副作用が強く出てしまう可能性もあるので、正しい服用方法を心がけましょう。

その上でザイロリック服用後に異常を感じた場合は、すぐに病院を受診することをおすすめします。

Copyright(c) 2017 予防が大事!尿酸値を減少させるザイロリックは通販で買える All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com