痛風を防ぐ為に尿酸値抑制

痛風にならない為に必要なこと

尿酸値が高くなると、痛風を発症する危険性があると言われますがそもそも、痛風と尿酸値にはどんな関係があるのか知っていますか。

調べてみると、尿酸は体内に抗酸化物質として血液中に本来あるべきものなのです。でも食べ物にも含まれているので、新たに摂取して不要になった分は尿に溶け出して、体外へ排出されるといいます。

そして、高カロリーの食べ物や多量の飲酒が続く食生活を送っていると、尿酸が必要以上に体内で作り出されるので、排出が間に合わなくなってしまうのです。その結果、体内に蓄積されて、酷くなると結晶となって関節に沈着していきます。

この尿酸の結晶を敵だと判断して、白血球が攻撃します。そのなかで、血管や神経を傷つけてしまうと「痛風発作」が起こるのです。
つまり、尿酸値が高くなればなるほど、痛風を引き起こしやすくなることが分かります。

それでは、痛風の人が「プリン体」の摂取を避けることと尿酸はどんな関係があるのでしょうか。

いろいろな食品に含まれているプリン体ですが、この成分が体内で分解されると尿酸になってしまうのです。そして、痛風を避ける為にビールを控えるように言われることの要因には、プリン体を多く含むビールを飲むと急激に尿酸値を上げるので痛風発作を引き起こす危険性があるといえます。

一度、痛風を発症してしまうと食事や薬で、一生尿酸値をコントロールしていかなければいけません。軽度であれば、完治とも言えるかもしれませんが気を抜いて、高カロリーの食べ物や飲酒の量が増えたりすると、再発するでしょう。

食生活や薬などで、尿酸値をコントロールすることを続けることが痛風を完治させ、再発を防ぐための方法なのです。

Copyright(c) 2017 予防が大事!尿酸値を減少させるザイロリックは通販で買える All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com