こんな症状は痛風の前兆!?

痛風の前触れ症状チェック

よく聞く痛風の症状は、足や関節の痛み。特にふくらはぎ〜足の親指にかけては多くの人が症状として聞いたことがあるのではないでしょうか。

でも、それは動けなくなるほどの痛みであったり、数日かけてようやく落ち着いたなど、できれば体験したくない症状です。前兆に気付いて、痛風の発症を未然に防ぐようにしましょう。

本来痛風は、炎症を起こしている関節部分だけ痛みがあるのです。しかし、痛みの酷さから足全体や指先まで痛みを感じているような錯覚に陥ります。
そんなことになる前に対処できるよう、前兆の症状をしりましょう。

痛風を発症した人のほとんどが、思い返せば痛みの前に違和感があったと言っているようです。それは、足の親指や指先、膝などの関節がピリピリしたりムズムズする感覚があるというのです。

これらの症状は、尿酸値の上昇によって結晶化が進んでいて、白血球による攻撃が始まっている可能性があるかもしれません。

他にも、ぶつけてないのに関節部分に打撲したような鈍い痛みを感じて、それが続く場合やうずくような感覚で痛みがある場合には痛風発作の前兆である可能性があります。

普段の生活のなかでも、ありそうなしびれやむくみ、だるさ、ほてり、こわばりなどの何らかの違和感も痛風の前兆になる症状の1つなのです。これらの誰にでもありそうな症状は、痛風発作となる関節の炎症前に起きる可能性があるのです。

これらの症状を感じたら、体内での尿酸の発生を抑制する為にプリン体を多く含む食品や飲み物は控えるようにしましょう。特にビールなどのアルコール、肉類、魚介の出汁などです。

例を挙げてみて分かるように、全て美味しい食品や飲み物です。プリン体は、旨味成分の1つなので痛風は別名「贅沢病」とも言われています。
食事での尿酸値をコントロールした上で、尿酸値を下げる薬であるザイロリックなどの服用もおすすめです。

Copyright(c) 2017 予防が大事!尿酸値を減少させるザイロリックは通販で買える All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com