プリン体を多く含む食品

ビールやおつまみにプリン体は多い

痛風になってしまった人や尿酸値が高いことで食事に注意が必要になる人は、プリン体が含まれている食品を控えるように言われます。
それは、プリン体が体で分解される時に尿酸へと変化するからです。

しかし本来、私たちの遺伝子などを構成する、とても重要な物質としてプリン体はあります。摂りすぎることで痛風を発症する可能性が高まる、ということを理解しておきましょう。

遺伝子の生まれ変わりやプリン体の代謝の際に生成される、尿酸は生体活動において必要なことなのです。それを過剰してしまわない為にも、プリン体の多い食品と1日の摂取量の目安を知りましょう。

特に注意が必要な食品には、干しシイタケやレバー類(鶏・豚・牛)、カツオや真イワシ、大正エビやオキアミ、煮干しや鰹節等の干物、アンコウ肝の酒蒸しやいさき白子があり、これらは100g当たり200mg以上のプリン体が含まれています。

また、他にもお酒のつまみにもなる魚介類や肉類にも多い上に、健康食品にもプリン体が多く含まれているものは存在するので注意しましょう。

ただ、これらは100gを一度に摂取することもさほど多くありません。その為、実際のプリン体の摂取量は食べた分の量と目安の含有量を比較して、把握しておくと管理がしやすいでしょう。

そして、プリン体が少ない代表的な食品には玄米や白米、そば、豆腐、キャベツ、トマト、オクラ、海藻類、果物などがあります。前日にプリン体を摂りすぎて、控えたいと思った時にはこういった食品を取るなどして摂取量を調整しましょう。

また、痛風患者のプリン体の1日摂取量は400gを超えないこととされているので、尿酸値が高めの人も同様に摂取量に注意することで痛風の発症予防につながるでしょう。

Copyright(c) 2017 予防が大事!尿酸値を減少させるザイロリックは通販で買える All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com